ワードプレスでコメントを非表示にさせる方法

ワードプレスをカスタマイズせずに初期設定のまま使用していると、コメント機能は有効化されたままです。これを非表示にする設定に関しては、「投稿・ページの編集画面」から簡単に切り替えることができます。また、これから投稿するブログや固定ページはもちろん、既に過去に公開したブログ記事に関してもこの設定を適応させることができます。個別ページのコメント欄を非表示にする方法、全体を一括で非表示にする方法をそれぞれ見ていきましょう。

まず、個別ページ方法は、ワードプレスの管理画面を開いて、投稿・ページの編集画面へと進み、追加オプションをクリックします。展開されたウィンドウの中に、「コメントを許可」という項目があって横にチェックボックスが存在し、デフォルトではここがチェックされている状態です。非表示へと切り替えるためには、このチェックボックスをクリックして、チェックを外してください。この後、投稿が保存されるまで待つか、もしくは「保存」リンクをクリックすればすぐに反映されます。プレビュー画面から反映されているかどうかチェックしてみてください。

次に、複数のページやサイト全体を一括して有効化・無効化したい場合についても見ていきましょう。複数のページを管理するには、サイドバー下部にある「ワードプレス管理画面を表示」というリンクから、旧管理画面へと移動しましょう。移動したら、「投稿」メニューから一括編集操作を選びます。ここからはさきほど行った個別ページの設定方法と同じ操作を繰り返せば、有効化・無効化の切り替えを行うことができます。
サイト全体のコメント設定を一括で変更したい場合は、ディスカッション設定画面から行います。複数のサイトを運営している場合に便利な方法です。「投稿のデフォルト設定」の項目の下部にある「新しい投稿へのコメントを許可する」の項目の横にあるスイッチを切り替えます。これは、リンクからわざわざ設定の保存を選択しなくても、切り替えた時点で自動的に保存されます。

この他、記事を公開してから特定の日数が過ぎた後に、自動的にコメントの受付を終了する設定を施すこともできます。この設定を行う方法は、設定画面からディスカッションメニューへと移動します。そこで、「X日以上前の投稿のフォームを自動的に閉じる」という項目があるので、横のスイッチをオンにします。その後に「X」の欄に好きな数字を半角数字で打ち込んで設定を保存すれば完了です。