ワードプレスを使用するために必要なレンタルサーバー

ワードプレスを使用したブログやウェブページを作成するには、まずレンタルサーバーを借りことが必要になります。レンタルサーバーを扱う各社には、ワードプレスに対応した様々なスペックの商品を用意しています。スペックの中に、使用できデータベース数が多いほどたくさんのサイトを作ることが可能になりますが、たくさんのサイトを運営しようとすると、サイトの数だけの独自ドメインを取得する必要があります。ドメインはサイトの所在を示す大事な部分になりますので、サイトの内容に合わせたオリジナリティーのあるドメイン名を考えてから取得するようにします。

ワードプレスにはサイトのデザインを決める様々なテーマがあります。このテーマにはいろいろなプラグインと呼ばれる機能を兼ね備えたものを実装していたり、簡単に配置やカラーを変更できる機能を備えたもののなど、たくさんの種類のものが用意されています。テーマはワードプレス公式ホームページや様々なサイトで配布されています。無料のものもあれば有料のものもありますが、どちらがよいかというよりは、自分が運営しようとするサイトの目的に合ったものを選ぶことが重要になります。サーバー各社の中にはウェブフォントを取り入れている会社も多くあり、ロゴや見出しなどを画像データで作成せずに、フォントを使用して作成することができます。デザインデータは画像ですが、フォントを使用すればテキストデータとして扱えるので、SEO対策の面でも有効な方法のひとつになってきます。

ワードプレスの特徴はブログ形式でも通常のウェブサイト形式でもデザインできることです。もちろん記事も自分で投稿することができるので、更新頻度も自分でコントロールができて、最新情報の更新などもスムーズに行えます。充実したサイトはコンテンツの内容もしっかりしていることはもちろんですが、関連する記事へのリンクもスムーズに行えるようにすることを忘れてはいけません。ワードプレスを使えば、通常のウェブ形式のサイトの中に、ブログ形式のコンテンツを組み込むこともできます。固定ページなどとうまく連携させて、必要な情報を目につきやすいレイアウトで構成し、閲覧者にできるだけ長く滞在してもらえるような内容の記事作りが最も大切です。レンタルサーバーを選ぶ際も、安価だからといって、低スペックのサーバーを選ぶと動作が鈍かったり表示に時間がかかったりして閲覧者が離れてしまうこともあります。ワードプレスを使用する際はワードプレスに特化した高スペックのサーバーを比較検討することも、重要なことです。