ワードプレスでサムネイル入りのサイトを作る

企業サイトでは、商品の画像を一覧にして表示し、その画像から商品の詳細ページや販売ページへと移動する事が出来るようにしている事があります。サムネイルを活用すれば、企業サイトの見栄えも良くなり、どのような商品をオンラインショップで取り扱っているのかが一目で分かる為、消費者へのアクセシビリティ向上策としても有効です。ワードプレスは、ブログタイプのWebサイトを出力しやすい仕組みになっていますので、サムネイルを作成しやすく、それの管理も行いやすいです。もし、既にサムネイルを作成していて、サイズの変更を行いたいと考えた場合には、ワードプレス向けのプラグインでサイズ変更のプラグインが公開されていますので、そのプラグインを使えば容易に実施出来ます。
ワードプレスを採用している企業は、コーポレートサイトやECサイト、ランディングページやポータルサイトなど幅広いタイプのWebメディアを構築しています。ワードプレスの機能を最大限に活用していく事で、自在にWebメディアの形を変更していく事ができ、企業のニーズに柔軟に対応させられます。サムネイルは、文章で表現すると長くなりがちな事柄を画像で表現し、その画像のリンク先がどのようなコンテンツに繋がっているかを商品名など単語や短い文章で表現しておけば、消費者はオンラインショップでどのような商品を販売しているのかが一目で確認する事ができ、目的のページへのアクセスがしやすくなる利点があります。
ワードプレスでサムネイル入りのサイトを作成していく事で、ビジュアル面での強化を図る事ができ、企業サイトでありがちな表現が固定されたイメージを払拭させられます。また、消費者がサイトのコンテンツを読む際にも読み易くなりますので、リピーターを増やしたい時にも役立ちます。ワードプレスの管理画面で記事とサムネイルを管理する事が出来ますので、サイトのイメージを変えたり、整理したりするのに重宝するでしょう。画像を適度に使う事で、文章だけで構成するWebサイトと比較して使い易さが大きく変わってきます。企業が長期的にサイトを運用する事を考え、情報の更新性を高めていきたいのであれば、ワードプレスを使ってWebメディアを作っていき、随時情報を新しいものに差し替えていく事が重要です。この時に、コンテンツはオリジナル性の高いものにします。SEO対策にも有効であり、検索エンジンがサイトの評価を上げる切っ掛けになります。