ワードプレスで作るLPでの固定ページとは

固定ページとは、ブログなどのように更新性があるWebメディアに埋め込む事で、常に同じ情報を表示しておく事が出来るものです。主に、問い合わせページや会社概要などのようにページが変動してしまっては困るような場面で使われるのが一般的です。固定ページを導入した結果が出るLPと作成を行うのであれば、ワードプレスというコンテンツ管理ソフトウェアを使います。このワードプレスには、固定ページを作成する為の項目が用意されており、この項目から自在に固定ページの作成を行えます。オンラインショップやコーポレートサイトの場合は、固定ページを会社概要や会社・店舗までのアクセス、問い合わせページや注文ページに使いますが、ランディングページはシングルページ構造である事が前提になってきますので、固定ページを活用する場合にはページのヘッダ部分やフッダ部分に設置するのが良いでしょう。
ランディングページにおける固定ページとは、通常のWebメディアとは異なり、ページ内で変動させないWebパーツのような機能を持たせる事が出来る部分です。ランディングページのコンテンツ部分を商品毎に変えたり、同じ商品でも表現を変えてSEO効果を高めたりする際に、固定したい部分も出てきます。そのような時にワードプレスで固定ページを作成して、ランディングページの上部で公開する事が出来ます。固定ページの下に更新したコンテンツ内容が正しいレイアウトで順番に表示されるようにするには、ワードプレスの管理画面からフロントページの表示設定を固定ページに変更しておきます。フロントページをトップページにし、投稿ページを記事一覧にします。こうする事で、固定させたい部分の下にコンテンツ内容を表示されるようになります。
ランディングページで固定ページを設定しておくメリットとしては、問い合わせフォームを作ったり、オンラインショップへの誘導部分を設置したりするのに、変動しないようにする事が出来る点です。複数商品を展開している企業の場合、多くの商品向けのランディングページの作成と運用を行っていく機会が多いでしょう。そのような時に問い合わせや会社概要などの部分を記事投稿時に追加していくといった手間を省けます。SEO効果を引き出すには、固定ページであって有力なキーワードを使って文章を書いていきます。検索エンジンのクローラーは、Webページの上部から読み込んでいきますので、通常のコンテンツのように価値がある文章を用意するのが良いでしょう。