ワードプレスのコメント欄を設定する方法

ブログを簡単に設置できるCMSとして普及しているワードプレスですが、記事を投稿した後に読んだ人が感想や意見を伝えられるコメント欄を設置することができます。インターネットで他者との交流を深めたい場合には便利な機能ですので、導入を考えるなら設定方法を理解したいところです。
まず、ブログ全体に対するコメントの扱いをどうするか決定する作業を始めます。ワードプレスにログインしたら、管理画面のメニューを確認して設定の部分を選びます。一般や投稿設定、表示設定などのメニューが存在しますが、そのうちのディスカッションを選びます。ディスカッション設定の中に、投稿のデフォルト設定という項目が見つけられます。その中に新しい投稿へのコメントを許可するという部分がありますので、この部分にチェックを入れておきます。これでブログ全体に対して受付可能な状態になります。記事ごとに受付の設定ができる機能が、ワードプレスには備わっています。この方法を利用すれば記事の内容によって自由にコメント受付のコントロールができますので便利です。ちなみに先程のブログ全体に対する設定よりも、記事ごとの設定のほうが優先順位が高い設定ですので、ブログ全体で拒否していても、個別に設定した記事では自由に許可できます。記事一覧、もしくは新規投稿から目的の記事の画面を開き、画面の上部にある表示オプションを押します。ボックスの中にディスカッションの文字がありますので、ここにチェックを入れると、投稿画面内にディスカッションのブロックが表示され、操作できるようになります。ディスカッションのブロックの中にコメントの投稿を許可するという部分があります。チェックを入れるとこの記事に限り、受付できる状態になります。ブログ全体には反映されませんので、安心して設定の切り替えが可能です。
以上のような設定を終えてから、記事を作成して実際のブログを表示させてみると、投稿した記事の下の部分にコメントというリンクがあらわれます。記事を読んでいる人がリンクをクリックすれば、自分の意見を投稿できる画面が表示されるようになります。既に受付の許可をしており、いくつかの投稿があった状態で途中から拒否に切り替えることもできます。該当記事を表示させると既に投稿された内容は引き続き誰でも閲覧できますが、新規投稿は受け付けていない旨の文字が表示されて投稿できない状態に変化しているのがわかります。